NBC

日本の中では「西の端」、都心との距離、交通の便の悪さが発展の大きな壁となっている長崎県につながった新幹線。新たな賑わいへの期待に県内各地が沸いています。

NBC


”一番列車” を送り出した長崎駅では「かもめ」の色の「白と赤」で開業を祝う『音花火(おとはなび)』が打ちあがりました。
「おー!」
開港から450年、新幹線の駅が誕生した長崎市。

NBC
NBC


新たな一歩を市民みんなで祝おうと駅前広場では23日から3日間、「ながさき駅フェス」が開催されます。
出店やハンドメイドマルシェ、かもめの「ミニ新幹線」も登場。長崎駅前は新駅舎になって以来の大変な賑わいを見せています。

■ ”一日駅長” 長濱ねるさん「皆さんの思いがこもった開業」

NBC


イベント司会:「長濱ねるさんです。どうぞ拍手でお迎えください」

”JR長崎駅 一日駅長” として開業に花を添えた長濱ねるさんは、一番列車を送り出した思いを語りました。

NBC


長濱ねるさん:
「本当に様々な人の思いが詰まっているというのを目の当たりにしていたので、込み上げるものがありました。一緒に長崎を盛り上げていきましょう」

NBC


来年には新たな駅ビル。再来年にはスタジアムシティの開業も控えています。

■ ブルーインパルス目当てに福井から…渋滞も発生

NBC

大きく変化する長崎を祝い、やって来る航空自衛隊「ブルーインパルス」をたくさんの市民が楽しみにしていました。

子ども:「(目当ては)ブルーインパルスです」
市民:「全部見たいです」

NBC


(福岡から見学に来た)鬼塚 敬さん:
「(息子が)3番機ライトウィング(のパイロット)。皆さん楽しみにしとるから」

NBC


22日は晴天だったのに、本番の23日は昼から雨が降り始めた長崎市。
それでも空を見上げる人だかりは決して途絶えませんでした。

NBC


ヘリコプターカメラマン:
「午後1時半です。長崎の空にブルーインパルスがやってきました」

NBC


青と白の6機の機体。
悪天候の中、ブルーインパルスはやってきました。

航空自衛隊による実況・解説が行われた長崎水辺の森公園では歓声が上がりました。

NBC


日本で唯一のアクロバット飛行チーム6機は隊列を組み、スモークを出しながらフォーメーションの展示飛行、4種類を披露しました。

”スモークで形を作るパフォーマンス”は悪天候のため見送られましたが、空から長崎の未来を祝福しました。

市民:「雨で飛ばないかなと思ったんですけど飛んでよかったです」
佐賀県から:「凄かったです。初めて見ました」
福井県から:「見に来たかいがあったと思います」

NBC
NBC

県内外から多くの人が集まっている長崎市では渋滞が発生。
市中心部を通るバスの一部の路線では、午後4時現在で1時間以上の遅れが発生しました。

■ 諫早の商店街などは交流人口増加に期待

NBC

内村航平さん:「つながりましておめでとうございます!」

NBC


一方、こちらは、諫早。
アーケードでは100以上の店が出店するマルシェが開かれ、人でいっぱいに!

NBC


栄町商店街協同組合 平野 吉隆 理事長:
「ほんと嬉しいですもう若い人がこんなにね、どっから出てきたのかなというぐらいに。乗り継ぎですがいくらかでも違うかなと思います」

NBC


諫早商工会議所青年部:
「他の都市との交流が多分増えていくでしょうね。楽しみです」

今後の活性化や交流拡大への期待も高まっています。