長崎駅をはじめ西九州新幹線の沿線自治体では、駅周辺の再開発が進められていますが、どうすれば新幹線開業とまちづくりの相乗効果を高めることができるのか、参考となる ”他県の事例” を紹介します。

 新幹線とまちづくり先行地域の取り組みは?

長崎の暮らし・経済を分かりやすくお伝えする「ウイークリーオピニオン」
今週は新幹線開業に関するテーマです──

【住吉 光 キャスター(以下:住)】
新幹線でまちが変わるというのは、長崎駅周辺の移り変わりを見ていても感じますし、開業日以降の駅の人通りの多さを見るとより実感がわきました。

【平家達史NBC論説委員(以下:平)】
まずは長崎駅周辺の今後の再開発計画について振り返ります。

■ 変わるJR長崎駅周辺

NBC

西九州新幹線の開業で日本最西端の新幹線駅となったJR長崎駅。
駅の東側では来年秋に開業予定の新しい駅ビルの建設が急ピッチで進められています。

NBC

新しい駅ビルは地上13階建てで、商業施設やオフィスのほか外資系で九州初進出の「マリオットホテル」が入ることになっています。

NBC
NBC

また周辺の空間も新たに整備され、2025年には駅ビルに隣接する新かもめ広場と国道の間に多目的広場が完成する予定です。

【住】僕が4年前にNBCに入社した頃と比べると見違えるような駅になりましたし、これからさらに開発が進むということで、県外の人にも自慢できる駅になりそうだと感じているのですが…。

■ 駅周辺の”交通結節” 富山駅では…

【平】そうですね。しかしまだ改善できる余地がないわけではないんです。
今日は駅周辺の「交通」について先行地域の例を上げながら考えてみたいと思います。
今回ご紹介するのは北陸新幹線です。

NBC

こちらが路線図です。長野から石川県の金沢までの区間で2015年に開業しました。

【住】北陸は ”東京と直結” していますから開業後、地域の賑わいがかなり増したような印象があります。

【平】そうですね、東京とつながっていますから、黙っていても首都圏から観光客が新幹線に乗ってやってくるわけです。

NBC


ですが、沿線の各駅ではそれに甘んじることなく、いかに”交通の利便性を高め”て ”ストレスなく観光を楽しんでもらうか” という工夫が随所に見られるんですね。
まずは駅とまちなかをつなぐ『交通結節』については、富山駅を例にあげたいと思います。

■ 駅 改札から遠い”路面電車” ”路線バス”

NBC

富山駅の最大の特徴は駅コンコースへの路面電車の乗り入れです。
これにより『悪天候時にもスムーズに乗り換え』ができるうえ、改札口から電停へ移動する際の『時間のロス』もほとんどありません。

NBC
NBC

また階段を上り下りする必要もなく、『バリアフリーの面』でも優れたつくりとなっています。
富山駅へ路面電車を引き込む事業は自治体と民間が共同で行っていて、富山市が軌道を保有して、富山地方鉄道が車両を運行する上下分離方式が採用されています。

NBC


【住】長崎駅に路面電車を引き込む計画も過去にありましたが、その時は長崎電気軌道が多額の費用負担や、駅利用者以外の利便性の低下を理由に難色を示し、県と長崎市が断念しましたよね。

NBC


【平】その計画が頓挫したことで、長崎駅は検索サイトでみると──
駅の改札口から電停まで直線距離でおよそ280mに離れた上、
改札口から歩いて、一度のぼって再び地上の電停に降りますので、
乗換時間は10分ほどかかります。

また路線バスのバス停も、(現在は)駅の東口から国道まで出ないとありませんので、観光客が公共交通を利用するには他の都市と比べてややハードルが高いかなと感じます。

NBC


ただしバスについては、現在運行中の駅前の交通広場や、駅の西口と市内の主要観光地を巡る「観光ルートバス」に加えて、10月からは駅の交通広場や西口と周辺の大型商業施設をつなぐ「まちなか周遊バス」の運行が始まる予定です。
この二つは160円で乗れる路線バスとなっています。

【住】こうした取り組みが進むことによって長崎駅と市内の観光地や繁華街へのアクセスが改善されていくことに期待したいところですね。

【平】そうですね、ですが、いくらバスが走っていても観光客がそれを活用できなければ全く意味がありません。
ということで駅での『交通案内』も重要になってくるわけです。
これについて先行事例として取り上げたいのが金沢駅です。

■ 初めて来た人にもスムースな”交通案内” 先進地・金沢

NBC

金沢駅には『交通専用の案内所』が設けられていて、駅から各地へ向かうバスチケットを一か所で買えるほか、専門の交通コンシェルジュも常駐しています。

NBC
NBC

また駅構内のデジタル案内板も観光客には嬉しいサービスの一つ。
次はどこ行きのバスが何時にどの乗り場から出るかリアルタイムで更新される仕組みになっていて、イラストも用いたわかり易いものとなっています。

この2つがあることで金沢を初めて訪れた観光客でも、迷わず目的地へ向かうことができるようになっています。

NBC


【住】これは確かに土地勘が無い人にとってはありがたいですね。
地名は難しく、読めたとしてもそれがどこなのか瞬時に判断するのは難しいので、イラストがあればわかり易いですね。

■ 駅周辺 ”道路の過密” 解消は?2024年には新スタジアムが開業

【平】「交通結節」と「交通案内」この2つのキーワードと合わせて、これから早急に改善の検討が必要なのが渋滞対策です。これは先週の新幹線開業日に痛感された方も多いと思います。

NBC

今回のブルーインパルスによる渋滞はイレギュラーだったのかもしれませんが、商業施設や出島メッセでイベントがあると長崎駅周辺は渋滞しています。
来年秋には新しい駅ビル、さらに2年後には駅の近くに長崎スタジアムシティが開業し、周辺の交通はさらなる混雑が予想されますから、対策は急務と言えると思います。

【住】新幹線開業でめでたし、というわけではないということですね。

NBC


【平】その通りです。新幹線の開業はゴールではなくて新たなまちづくりのスタートでもあります。
これから利用者の声に広く耳を傾けつつ、先行地域を参考に官民が協力して利便性の向上に取り組むことが観光地としての魅力アップやリピーターの獲得にもつながっていくはずです。
そして住民の皆様の利便性向上にもつながります。

今回、お話した内容と、北陸新幹線延伸を見据えた駅前開発が行われている福井駅と敦賀駅については、10月に発刊される長崎経済研究所の“ながさき経済”に書きましたので、そちらもご覧ください。

【住】ウイークリーオピニオン、平家達史NBC論説委員とお伝えしました。