秋の火災予防運動最終日の15日、長崎市では企業と消防による合同の消防訓練が行われました。

NBC


訓練は『震度5強の地震が発生して、長崎市の長崎電気ビル1階から出火した』という想定で行われました。

NBC
NBC


防災意識向上を目的に行われたこの合同訓練には、九電グループや消防からあわせておよそ500人が参加して、避難の手順を確認したほか、高層階で逃げ遅れた人をはしご車を使って救出する訓練も行われました。

NBC


長崎市北消防署 警防1課長 岩永 雄二 消防司令長:
「火災が発生した時にどういった行動をすればいいのか。反復した訓練を実施していただき、被害をなるべく少なくすることを常日頃から考えていただきたい」

NBC


長崎市消防局管内で、今月発生した建物火災は5件で、すでに去年を3件上回っており、消防は「より一層、火の取り扱いに注意する」よう呼びかけています。