ことし4年ぶりに奉納踊りが行われる”長崎くんち”。
6月1日は、その稽古始めにあたる『小屋入り』です。
各踊町が諏訪神社で、稽古の無事と本番の成功を祈願しました。

NBC
NBC

長崎の街に ”シャギリ”の音が帰ってきました。
長崎くんちの稽古始め『小屋入り』です。

NBC

新型コロナウイルスの影響などで、4年ぶりに奉納踊が行われる今年のくんちには、桶屋町、栄町、万屋町、本石灰町、船大工町、丸山町の6つの町が出演します。

NBC

1日朝は、踊町の世話役や出演者が諏訪神社で清祓いを受け、大役を無事に達成できるよう祈願しました。

NBC

万屋町の『鯨の潮吹き』。
長崎刺繍が施された “親船頭”の新しい衣装が、ようやくお披露目となります。

NBC

万屋通り町会 藤野 為信 会長:
「”お待たせしました”ということになると思います。前回に負けない奉納ができるように頑張りたいと思います」

NBC

丸山町は町内にある”長崎検番”の芸妓衆による本踊です。新人芸妓も諏訪の舞台に立ちます。

NBC

丸山町 長崎検番 新人芸妓 すず華さん:
「おくんちに出られることを感謝して、お姉さんたちに一生懸命ついて行って、皆様にいい踊りが見せられたらいいなと思います」

NBC

『川船』を奉納する船大工町。網打と豪快な船まわしで長坂を盛り上げます。

NBC

船大工町 殿村 育夫 自治会長:
「船大工町は『傘鉾』と『川船』ですけども ”神人和楽” 神も人も楽しめるような、明るい奉納ができればと思っております」

NBC

午後からは、各踊町が”シャギリ”や”囃子方”を連れて関係先を回る『打込み』も行われました。

NBC

アーケードでは6か町による『打込み』が行われ、シャギリの音にひかれて多くの人が詰めかけました。

NBC

観客:「わくわくします」

NBC

観客:「血が騒ぐ感じ」

NBC

東京からの観光客:
「これから私たち、長崎空港から東京帰るの。今、この音がしたんで走って追いかけてきたの。ラッキーでもう、すごい運がいい」

NBC

観客:「楽しみにしてますね。今からわくわくします。頑張ってください」

NBC

4年ぶりの奉納で3連休とも重なり、多くの人出が見込まれる今年の長崎くんち。本番に向けて稽古に励む日々が始まります。