今年4月に入社した元ラガーマン、酒井記者の取材です。
町の治安を 身を挺して守る長崎県警の機動隊員たちの過酷な訓練を体験してきました。

NBC

『治安の最後の砦』とも呼ばれる警察の機動隊。
長崎県警本部の警備部に属していて、暴動の制圧のほか 災害対応や要人警護にもあたります。

NBC

警察官の中でも特に、強じんな肉体と精神力が求められる部隊です。

NBC

警備部機動隊 山崎英 隊員:
「現場は想定しえないことが起こりますので、それに対応できるように自分たちで、自ら考えながら訓練をしております」

NBC

今回、私が体験することになったのは隊員たちがどれだけ過酷な訓練をしているのか身をもって知りたかったからです。

NBC

16年間、ラグビーで培ってきた体力と精神力を糧に体験してみることにしました。

NBC

機動隊が身に着ける装備を地面に広げてみました。これだけで重さは6キロもありました。

NBC

これに加えて5キロの盾を持ち、最初に行ったのが駆け足訓練です。

6キロの装備、5キロの盾を持ち、走る、構える、また走る!

NBC

盾は要人警護の際や暴動が起きた際など 護衛や制圧の際に使用します。

実際にやってみると…

NBC

始めは隊員と同じように構えることができましたが、徐々に腕に力が入らなくなりました。訓練では全員の姿勢が揃うまでキープするため足を引っ張る結果に…

NBC

その後も1時間にわたって装備と盾、合わせて11キロを身にまとって走り続けます。

「追い込まれた時に人の真価が問われる」

NBC

警備部機動隊 藤山光治 小隊長:
「きついとき 追い込まれたときに人の真価が問われてくる。そこで頑張れ」
隊員:「了解」

NBC

重い装備と盾に体力を奪われ、私はこの訓練だけで すでに限界寸前まで追い込まれていました。

NBC

警備部機動隊 寺崎栄一郎さん:
「何回トレーニングしてもきついですし、毎回毎回を自分の限界を超えるって気持ちで取り組んでいます」

そんな隊員たちの“ご褒美”はー

NBC

「いただきます」――体が資本の隊員たちに昼食の時間がやってきました。

NBC

この日はおよそ120グラムの豚肉のソテーがメイン。
体作りも考慮したメニューが隊員たちを迎えます。

NBC

隊員:
「食堂のご飯がおいしいのでそれがご褒美です」
「回復します」

NBC

午後から体験したのは『渡橋』です。

NBC

腕の力とバランス感覚が求められる訓練です。
高い所が苦手な私ですが、気合いで挑戦しました。

挑戦した記者

恐怖がロープに伝わり、なかなか安定させることができません。
ようやく進みだすことができましたが……徐々に失速。

NBC

無駄な力が入ってしまい、不安定になったロープからついに落ちてしまいました。

NBC
NBC

酒井晶央記者:
「この高さで正直私はビビってましたけど、実際もっと高いところでやられているので より凄さを実感し、出来なかったことへの悔しさが大きいです」

その後も続く過酷な訓練

NBC
NBC

警備部機動隊 藤川和将 分隊長:
「一般民家にある物置小屋が倒壊しました。そこで作業をしていた男性が1名逃げ遅れて、取り残されてしまったという想定で開始したいと思います」
隊員:「了解」

NBC

最後に体験したのが狭い場所での救助訓練です。
私も隊員として救助に向かいます。

NBC

「大丈夫ですか? 要救 意識あり」…そんなやりとりが続きます。

NBC

現場の状況は常に異なるので、隊員同士が密にコミュニケーションを取りながら状況を見極めます。

NBC

災害など困難を極める現場でも冷静さを保ちながら、要救助者に声を掛け、迅速に安全な場所に運ぶ訓練が続きました。

NBC

酒井晶央記者:
「みなさん常に声掛けながら連携をとられていたので、そういったコミュニケーションとか素晴らしいなと思いました。体験してみて凄く貴重な経験ができたなと思いました」

NBC

1日の訓練が終わってからが己の限界に挑む時間です。
『体力調整』と呼ばれる時間――訓練を終えた後に行い、基礎体力の向上につなげるのが目的ですが、その過酷さに屈強な隊員たちの体も悲鳴をあげます。

NBC
NBC

どんな現場でも、屈しない精神力と治安の最後の砦となる体力をつけるため自らを追い込みます。

NBC

警備部機動隊 﨑村直輝 さん:
「訓練はきついんですけど、実際の現場はこの訓練よりは厳しいものになると思うので」

NBC

警備部機動隊 松山蒼斗さん:
「災害現場の中で私たちが諦めてしまったり、きついような顔をしていると助けを待っている人たちが安心できないし、訓練ではきつい顔をせず 絶対に助けるという思いをもって訓練に臨むようにしています」

NBC

地域の治安を守るために日々、厳しい訓練に励む警備部機動隊。
私が体験させてもらった訓練はごく一部でしたが、間近で見る隊員達からは強い使命感を持って任務にあたっていることが感じられました。