長崎大学病院の敷地内に、世界的に活躍する庭園デザイナー・石原和幸さんがプロデュースした庭園が整備されました。

NBC

長崎大学病院内の5か所に、それぞれのコンセプトで庭園が整備されました。

NBC
NBC

コロナ禍真っ只中の一年半前、「院内に癒しの空間をつくりたい」との声があがり、長崎大学病院の患者の支援などを行う財団法人「輔仁会」が、創立100周年の記念事業として取り組みました。

NBC

設計・デザインを手がけたのは、世界的に活躍する庭園デザイナー・石原和幸さんです。

NBC

石原和幸デザイン研究所  石原 和幸 代表取締役:「長崎の昔の風景を表現してます。あちこちに昔は小川のせせらぎとか、そういうのがたくさんあったので、この庭を見て、そういうことを感じていただければ」

NBC
NBC
NBC

本館と診療棟の間にある中庭のテーマは「長崎の里山」。今は、秋のツワブキの黄色い花がアクセントになっていて、四方どこから見ても安らげる造りです。

NBC

長崎大学病院 中尾 一彦 院長:「このガーデンが、患者さん、そしてご家族、我々職員の心の癒し、安らぎの場になっていくことを大変嬉しく思っております」

NBC

季節に応じて花の植え替えを行う他、蛍の幼虫やメダカも放たれるということです。