17日から冷え込みが強まりそうです。
平地 気象予報士の解説です。

NBC

平地気象予報士:
長崎市内では16日午後6時15分現在、雨が降っています。
この雨の後、強い寒気が一気に流れ込んできそうです。

寒気の予想です。
上空1,500m 付近にある強い寒気が17日から18日にかけて一気に流れ込んでくる予想です。

NBC
NBC
NBC
NBC
NBC
NBC
NBC
NBC
NBC

上空1,500m付近で “-6度” というのは『平地でも雪になる目安』の寒気です。
また九州をすっぽり覆っている “0度”の寒気は『山で雪になる目安』です。

NBC

気温は、17日(金)よりも18日(土)の方がさらに低くなりそうです。
18日(土)の予想最低気温は、雲仙岳で3度、佐世保市で8度、長崎と福江で9度と予想されています。
(ウェザーマップ社 16日午後5時現在)

住吉アナウンサー:
雲仙岳で気温3度というのは「もしかすると雪が降るかもしれない」という気温なんですか?

平地気象予報士:
雲仙岳の気温を観測しているのは標高が600メートルぐらいです。
これより高い仁田峠などでは、より気温が低くなるため 雪が降る可能性があります。
標高が高いところでは、降った雪が積もったり、路面の凍結したりする恐れがありますので注意が必要です。

その他の地域でも、平地でも10度を下回る予想です。風がかなり強いですから数字よりも寒く感じられそうです。