子どもたちに職人の仕事を体験してもらおうと、18日、長崎市の工務店が小学生を対象にしたイベントを開きました。

NBC
NBC
NBC

子どもたちが使うのは本物の道具です。
このイベントは子どもたちに仕事の大切さや建築業の楽しさを知ってもらおうと長崎市の中村工務店が開いたもので、小学生およそ170人が参加しました。

NBC

左官や大工、プロに教えてもらいながら職人の技に挑戦です。

NBC

参加した小学生:
「力を入れるところが難しかったです」
指導した職人:
「お〜上手上手上手」

NBC

参加した小学生:
「楽しかったです」
「(壁塗りは)ねばねばしていた」

NBC

中村工務店 中村鉄男社長:
「子どもの心のなかに刺激を与える、これは大人たちの役割じゃないかなと私は思ってます」

NBC

中村工務店では今後も同様のイベントを開催する予定で子どもたちの将来に役立ててほしいとしています。