30日、長崎市の国指定史跡「出島和蘭商館跡」で発掘調査で見つかった遺跡の見学会が行われました。

NBC
NBC

出島復元整備室 山口美由紀学芸員
「発掘調査を行って礎石などの確認を行って、その情報をもとに建物が建てられるかどうか検討していく」

NBC

見学会が開かれたのは「出島和蘭商館跡」の出島町人部屋跡地です。

NBC

出島町人部屋は、出島を築造した25人の町人が事務所として使っていた建物で、現地では復元に向けた発掘調査が去年の11月から行われています。

NBC

30日は、およそ40人の市民が参加し、学芸員が発掘調査の現状や町人部屋が火事で焼けた歴史などを説明しました。

NBC

門下和己さん
「まだまだいろんな歴史とか我々が知らないところがまだ近くにいっぱいあるんで、復元するのが本当に楽しみ」


 

NBC

出島復元整備室 山口美由紀学芸員
「(出島町人が)ここの中でどのような役目を担って出島を支えていたのかというところなども展示活用も含めて明らかにしていくことになります」

NBC

出島では1996年から建物の復元整備が行われていて、今回で17棟目となる出島町人部屋について、長崎市は4年後の完成を目指しています。