2030年には長崎で約6万2,000人の人手不足が予測されており、ロボットやAIの活用が重要視されています。警備や清掃、配送ロボットなどを導入している企業もでてきています。企業の“ロボット導入”の課題とは──

【住吉 光アナウンサー(以下:住)】長崎の暮らし経済ウイークリーオピニオン今週も平家達史NBC論説委員とお伝えします。

NBC

【平家達史NBC論説委員(以下:平)】今週は、現在大きな社会問題となっている「人手不足」への一つの対策といえるテーマです。

県内でも活躍中 ロボットで人手不足解消へ

【住】「人手不足」については、このコーナーでも度々取り上げてきましたが、いわゆる「2024年問題」が4月に迫っていることもあって、対策が急がれますね。

深刻な人手不足

【平】今月26日に発表された2024年版九州経済白書によりますと、2030年には、長崎ではおよそ6万2,000人の働き手が不足すると推計されています。

NBC

九州経済調査協会は「人手不足が深刻化する中、ロボットや人工知能(AI)の活用を含め、省力化を進めることが重要」と指摘しています。

【住】足りない人手をロボットで補うという発想は理解できますが、現状はどうなっているのでしょうか?

ロボットの現状と活用事例

【平】“製造業”の現場では、ロボットはすでに普及していますが、“非製造業”の分野でもロボットが活用されるようになりました。ロボットが実際に人手不足対策に繋がっている事例を取材しました。

NBC

JR長崎駅に隣接するアミュプラザ長崎新館。入り口では警備ロボットが目を光らせています。

NBC
NBC

警備ロボット:「こんにちは」
子ども:「あ!言った!かわいい」

NBC

警備ロボットは2台。「ルーカス君」と「ノア君」です。

NBC

警備ロボット:「警備ロボット、巡回中です」

NBC

2台には、それぞれ担当フロアがあり、およそ2時間で3つのフロアを巡回します。別のフロアへ移動する時は、自らセンサーでエレベータを呼んで乗り込みます。

NBC

警備ロボットには胸と頭上、背中に3つのカメラがあり、別室の警備員が、映像をチェックしています。

NBC
NBC

2台のロボットの映像を1人で確認でき、人員配置の効率化に繋がっています。

NBC

JR九州セコム 高比良大洋さん:
「業務としては少し負担が減ったのではないかと思います。人が見る景色とロボットの視線っていうのもちょっと若干違うものがありますので、今まで気づかなかったことがロボットを通して気づくこともできて」

NBC
NBC

アミュプラザ長崎新館では、清掃ロボットも稼働しています。営業時間中だけでなく、“閉館後”もフロアを綺麗にする働き者です。

NBC

JR長崎シティ 総務部施設運営課 中山元紀さん:
「ロボットにできることはロボットに担っていただいて、作業員、人にできることは人にやってもらってロボットと共存することで、また安全とサービスをより一層深めるために今回ロボット導入を行いました。
もっと精度を上げて、お客様の身に寄り添えるようなロボットになればいいなっていうのは1つ思います」

NBC

長崎県内でおよそ10店舗を展開する大手レストランチェーン「すかいらーくグループ」では、猫型配膳ロボットが、人気を集めています。

NBC
NBC

2021年を皮切りに、これまでに全国およそ2,100店舗に3,000台以上導入しました。

NBC
NBC

食事などを、指定したテーブルまでロボットが運んでくれるため、従業員の歩行量は4割削減され、配膳以外の接客サービスに、より時間を使えるようになりました。

NBC

すかいらーくホールディングス 広報室 佐藤正悟さん:
「あらゆる世代の方々が安心して長く働いていただける環境作りを進めることで、人手不足にしっかりと対応していきたいと考えています」

【住】警備ロボットは、自分でエレベータを呼んでフロアーを移動するなんて、進化しているんだなと感じました。

【平】県内には、幅広い業種で活用が期待されるロボットの実証実験を続けている企業もあります。

院内で血液を運ぶ「宅配ロボット」医療現場での実証実験と課題

県の補助金を活用し、長崎市のシステム開発会社であるNDKCOMなど3社が共同で取り組む「宅配ロボット」効果とともに課題も見えてきたようです。

NBC

開発、実証実験が行われているのは自動運転宅配ロボット「DeliRo(デリロ)」です。自動運転技術を搭載し、最大時速6km(歩くくらいの速さ)で走行して指定された場所に荷物を届けることができます。

NBC
NBC
NBC

今月、長崎市の虹が丘病院で、採血した血液を臨床検査技師に渡す実証実験が行われました。1日に採血室と検査室の間を《約30往復》する技師や看護師の負担を少しでも減らそうと、時速3キロで血液を運びます。

NBC

虹ヶ丘病院 臨床検査技師 永田るりこ室長:
「午前中の外来はちょっと人手が足りないかなと思いますので、人じゃなくても大丈夫な部分を機械がやってくれるっていうのはすごくいいと思います」

NBC

宅配ロボットは、予め設定したルートで動き、前方1メートル以内に人が来ると自動で止まります。

NBC

虹ヶ丘病院 馬場剛事務長:
「将来的には建物自体もロボットに合わせたような建物っていうのも必要になってくるのかなと感じました。
今から5年、10年、20年後っていうところの導入になってくるのかなと思うんですけど、先々ちょっと楽しみにはしてます」

NBC

病院内で使用する際の課題も見えてきました。

NBC

NDKCOM 新規事業創成プロジェクト 水田真之介主任:
「一番感じたのは患者さんとの往来をロボットがどうやって処理するかですね。やっぱりどうしてもロボットが先に行こうとしたりするんで、例えばロボットの走行経路を(通路の片方に)寄せたりして、患者さんとのスペースを空けたりとかですね。実証実験を重ねて、早いうちに社会実装ができればいいなと思っています」

宅配ロボットは、最大50キロまでの荷物を運ぶことができます。今後、坂道での宅配業務などを視野に実証実験を行い、3年後の実用化を目指すということです。

「 “ロボットフレンドリー”な環境整備を」県も支援制度

【住】職場によって、ロボット導入は一筋縄ではいかない部分もあるようですが、実験で見つかった課題が克服できれば、戦力として期待できそうですね。

【平】はい。ただし全ての企業がただちにロボットが導入できるかというと、そうとは言えないのが実情です。

国の調査では、ロボット導入にあたっての企業側のハードルとして
(1)導入およびメンテナンスの資金
(2)知識や専門技術のある技術者の不足
(3)設置スペースが挙げられています。

県の担当部署にも「ロボット導入後の費用対効果が分からない」「初期費用が高い」といった相談が寄せられているそうです。

このため県は、ロボットの導入を検討する企業に対しての支援制度を設けています。

NBC

県産業労働部 新産業創造課 伊東啓行課長:
「県も国の経済対策補正を活用して“デジタル力向上支援”という補助金を今、準備しておりまして、社内のデジタル人材の育成とデジタルツールの導入を同時にご支援するような形になっていますので、それを利用すればロボットを含めてデジタル化にチャレンジしていただくことができるのではないかと思います」

【平】県の補助金は、次回は2月上旬から募集を開始するということですが、補助率は3分の2で、上限額は100万円となっています。

【住】国にも「ものづくり補助金」などの補助事業があるようですから、うまく活用して、人手不足解消に結び付けてほしいですね。

NBC

【平】ロボットを人手不足解消の一助とするのであれば、こうした行政のあと押しは心強いと思います。
一方で、国は、ロボットを導入しやすい環境を “ロボットフレンドリー”と呼んで、企業に業務プロセスや施設環境の変化を促しています。企業側としても、ロボット導入のための『業務プロセスの見直し』などが必要ということです。

いずれにしても、ロボットでできる部分はロボットに任せ、貴重な人材は “人でしかできない質の高いサービス”などの業務で活躍してもらうということが人手不足対策のためには大切だと思います。