バスケットボールB1リーグ。長崎ヴェルカは、4日、ホームで名古屋ダイヤモンドドルフィンズと対戦し、延長戦の末、競り負けました。

3日の名古屋とのホーム初戦で白星を飾ることができなかったヴェルカ。巻き返しを図りたい翌4日のホーム第2戦です。

前半は、攻撃でのミスが続き、リズムを掴めません。名古屋の猛攻に太刀打ちできず、14点差で前半を折り返します。

しかし後半、勢いを取り戻したヴェルカはボンズや荒谷の3ポイントシュートなどで点差を縮めます。

パーキンズの3ポイントシュートで逆転に成功。しかし、その後同点に追いつかれ延長戦へ──
ヴェルカは最後まで粘りを見せたものの、結局、90対96で競り負けました。

順位は、西地区6位のままです。

次節は今月7日、アウェイで西地区3位の島根スサノオマジックと対戦します。