今年4月に行われる予定の衆議院長崎3区の補欠選挙に日本維新の会は平戸市で学習塾を経営する新人の井上翔一朗氏を擁立しました。

NBC

衆院長崎3区補選に立候補表明 日本維新の会 井上翔一朗氏(40):
「一般市民として政治を見る中で、政治家の人たちがどんなお金の使い方をしているのかなというのは問題意識を持っていました」

NBC

日本維新の会から衆院長崎3区の補欠選挙に立候補を表明したのは新人の井上翔一朗氏40歳です。

NBC

井上氏は福岡市出身で6年前に平戸市に移住し学習塾を経営。
8日県庁で出馬会見を開き自民党の裏金問題を踏まえた政治改革をしていくべきとしたほか、離島も含めた教育施策や人口減少問題などにも取り組んでいきたいと述べました。

NBC

井上翔一朗氏(40):
「地方でも都会と同様の教育を受けられるみたいな状況になるとですね、今元気がなくなりつつある地方も元気になっていくのではないか、まさに長崎県でそういったものを実践していきたい」

NBC

一方、立憲民主党は山田勝彦衆院議員(44)を擁立することにしていて山田議員は12日に泉代表と共に出馬会見を開く予定です。

NBC

自民党・谷川弥一元衆院議員の裏金問題に端を発した補欠選挙。

NBC

大きな逆風が予想される中、自民党長崎県連では候補者を擁立するかどうか賛否が割れていて県連幹部は7日、党本部を訪問。茂木幹事長らと協議するも結論は出ていないということです。

NBC

衆議院長崎3区の補欠選挙は4月16日に告示される予定で自民党の対応が注目されています。