長崎県養豚協会が、9日、ひとり親家庭の生活困窮世帯を支援する団体に長崎県産の豚肉100キロを寄付しました。

NBC

肩ロースやバラ肉など5種類の長崎県産豚肉。長崎県内67戸の養豚農家が加盟する長崎県養豚協会から、ひとり親家庭福祉会ながさきに寄付されました。

NBC

長崎県養豚協会では、長崎県産豚肉の消費拡大とひとり親家庭の生活支援のため、2019年から年1回、長崎県産豚肉の寄付を続けています。

NBC

今回も、長崎県産豚肉100キロが贈られました。

NBC

長崎県養豚協会 中村 臣助 会長:「(これまでに)贈ったお肉がすごく美味しかったと。長崎県内産の豚肉を食べてもらって、元気に学校に登校してもらったり遊んでもらったりということを考えています」

NBC

寄付された長崎県産豚肉は、2月末、長崎市内のひとり親家庭生活困窮世帯およそ130世帯に配布されます。