長崎東中学・高校の伝統行事“強歩大会”が9日、4年ぶりに行われ、生徒たちが約10キロの難コースに挑みました。

NBC

(スタート前)
「頑張っていきましょう!おー!」
「いこうぜー!おー!」

NBC

新型コロナや悪天候の影響で4年ぶりに行われた長崎東中学・高校伝統の『強歩大会』

NBC

生徒:「1位取ります」

NBC

生徒:「野球やっています。毎日坂走っているんでボクの仕事かな」

NBC

参加したのは受験中の高校3年生を除くおよそ890人。今回から全学年共通の約10キロのコースとなりました。

NBC

生徒たちは少人数のチームに分かれ、急な坂道や山道をかけ抜けます。
順位はチームごとに競うため、仲間とのチームワークが試されます。
 

NBC

生徒:「(チームのメンバーを確認して)よし。OK全員いる」

NBC

沿道の教職員:「こっから下るけん、ケガだけすんなよ!」

NBC

地域住民:「がんばって!」

NBC

コース中盤を過ぎると、疲れで足取りも重くなってきます。

NBC

つらい道のりを乗り越えるために、頼りになるのが仲間の存在です。
チームで励まし合いながらまだ先のゴールを目指します。

NBC

最後の難関が金比羅山の山越え。残る力を振り絞っていよいよラストスパートです!

NBC

最後はチーム全員で、ここまでの疲れも見せず笑顔でゴールしました。

NBC

ゴールした生徒:「諦めんでよかったね」

NBC

生徒:「仲間と協力しあって切磋琢磨できたところがとても楽しかったと思います」

NBC

生徒:「楽しかったですよ!それに尽きます」

NBC

仲間の思いやりに思わず涙する生徒も──

NBC

「最後まで肩を貸してくれたりずっと『笑って笑って』と優しい言葉かけてくれてみんなでゴールできて嬉しくて泣いちゃいました」

NBC

学校によりますと、すべてのチームが約2時間の制限時間内に無事にゴールできたということです。