スリット通過に失敗した猫、相方通過し驚愕の顔

同じくらいの体型だと思っていたせいか、地味にショックだったようです。

猫動画界隈によくある、穴が段々狭くなる「隙間通過チャレンジ」かと思っていましたら、意外なオチが待っておりました。

カナダはトロント在住のエキゾチックショートヘアの2匹の猫、茶白のDobyとグレー白のSnoopy。この日は飼い主の気まぐれに付き合わされて、通れば通るほど狭くなる隙間通過チャレンジの撮影であります。

15インチから始まり、10インチ、7インチ、5インチと、2匹とも難なく通過。4インチまでスムーズに通過しますが、2.5インチで異変が発生します。Dobyは頭が通ったものの、肩がつかえて大困惑。段ボールの障害をジャンプで通過して事なきを得ます。

そしてSnoopyの番となり、Dobyは「あいつも通れないに違いない」と見守っていたところ、頭肩腰と順繰りに隙間に押し込み、お尻を力づくで通して無事通過。隙間を見つめてしばし呆然とするDoby。脳内のイメージと、現実とのギャップを思い知った瞬間でありました。

[Cat Vs Doors/YouTube]

The post スリット通過に失敗した猫、相方通過し驚愕の顔 first appeared on 猫ジャーナル.