ビルの3階の窓から外へと飛び降りた猫が、通りがかりの有志により広げられたベッドシーツのおかげで無事に軟着陸を決める瞬間をご覧くださいませ。

ドバイで発行されている日刊英字新聞「Khaleej Times」が8月25日に報じたところによりますと、通りすがりの3名の男性がビルの3階のバルコニーにぶら下がって落ちそうになっている猫を発見。とっさの判断でベッドシーツを落下地点に広げ、無事に猫を受けとめた様子を、料理店経営の男性がカメラで撮影しInstagramにアップしたところ、ドバイの首長が動画をツイートし全土に拡散したとのことであります。

同紙が3名の男性と撮影者の男性を取材したところ、3名はまったくの初対面で、最初はプラスチックの板を掲げて受けとめようとしたものの猫は飛び降りず、偶然その場所にあった布を広げると猫はそれ目がけて飛び降りたのだそうです。

この飛び降りた猫はなんと妊娠中でしたが幸運にもけがもなく、バクバクとご飯を食べる様子が報告されるとともに、約4週間後には4匹の子猫を出産したとの話が動画撮影者のInstagramに投稿され、フォロワーの猫クラスタが微笑みと安堵に包まれ祝福を寄せる、ハッピーエンド事案となったのでありました。日本は選挙報道一色でありますが、時折こんなニュースも見聞きしたいものであります。

[Meet the heroes who saved a pregnant cat and impressed Sheikh Mohammed/YouTube]

The post 3階の窓からダイブの身重の猫、広げた布に軟着陸 first appeared on 猫ジャーナル.