目は口ほどにものをいう、とはよく言ったものであります。

本日の美人猫は目元美人の黒猫さん。体は見えず、顔も半分しか見えておりませんが、それでも伝わる美しさ。バスタブからぽっかりと浮かび出た様は、初日の出か虹の輪か。

真っ黒なお顔に、赤にも黄色にも見える麗しいお目々から放たれる目力は、見る者の目を捉えて放しません。そして見えてくるのです。背後で揺れる黒いシッポが。しっかり踏ん張った小さな両脚が。光沢のある漆黒の肉球が。見えずとも美しく、見えるとさらに美しい、黒猫かと思っていたら実はサビ猫だったなんて結末だったとしても、猫の美しさは変わらないのであります。

The post 本日の美人猫vol.448 first appeared on 猫ジャーナル.