ドアの隙間を何としても通ろうとする猫がいれば、何としても飼い主に開けさせようとする猫がいるのも道理というものです。後者の事例も誠にかわいいのでぜひご覧ください。

{"@context":"http:\/\/schema.org\/","@id":"https:\/\/nekojournal.net\/?p=21572#arve-youtube-qu1ouyiekpu61de1a4543a3a911571542","type":"VideoObject","embedURL":"https:\/\/www.youtube-nocookie.com\/embed\/QU1oUYiEkPU?feature=oembed&iv_load_policy=3&modestbranding=1&rel=0&autohide=1&playsinline=0&https:\/\/youtu_be\/QU1oUYiEkPU&autoplay=0","name":"CAT vs. CLOSED DOOR - YouTube\u3000Cliffhanger\u3000black cat - YouTube","thumbnailUrl":"http:\/\/i.ytimg.com\/vi\/QU1oUYiEkPU\/maxresdefault.jpg","uploadDate":"2020\/07\/18","description":"CAT vs. CLOSED DOOR"}

隣室へ通じるドアが閉まったところ、すぐさまドアへ駆け寄る雌猫のMarleyちゃん。下の隙間に手を突っ込んだり、ゴロリと横になったり、壁に足を突っ張ってみたり、芝居がかった泣き声をあげてみたりと、あらゆる闘争戦術を駆使した懐柔策でのドアオープン要求貫徹を訴えております。

しかし不景気の波が水面に泡を立てる世相の厳しさにドアが開く機運は生じず、今回の一人闘争諸機関においては超短期時限ハンストをもって解散することとなったのでありました。

[CAT vs. CLOSED DOOR/YouTube]

The post ドア前で拗ねて転んで泣き落とし、それでも開かずギブアップする猫 first appeared on 猫ジャーナル.