イエネコ篇に続き、今回はライオン篇です。

オハイオ州のコロンブス動物園で2018年に行われた、動物専用CTスキャナーでの大型猫科スキャンの様子をご覧ください。

{"@context":"http:\/\/schema.org\/","@id":"https:\/\/nekojournal.net\/?p=22423#arve-youtube-k-e2nklivxs6292b7c1b036a451858527","type":"VideoObject","embedURL":"https:\/\/www.youtube-nocookie.com\/embed\/K-e2nklIVXs?feature=oembed&iv_load_policy=3&modestbranding=1&rel=0&autohide=1&playsinline=0&https:\/\/youtu_be\/K-e2nklIVXs&autoplay=0","name":"Watch How a Giant Lion Gets a Cat Scan - YouTube\u3000Cliffhanger\u3000black cat - YouTube","thumbnailUrl":"http:\/\/i.ytimg.com\/vi\/K-e2nklIVXs\/maxresdefault.jpg","uploadDate":"2018\/03\/08","description":"Watch How a Giant Lion Gets a Cat Scan"}

ライオンの名はTOMOで、このとき御年14歳。歯周病を長期間患っていたとのことで、その調査のために、当時導入されたばかりの、動物用に改造されたCTスキャン被験者第一号ライオンとなったのでありました。

麻酔で眠っているはいえ、体重200kgを超える巨体をCTスキャナーにセットするのは、8人がかりの重労働。「文字通り大きなCATのCATスキャンですわ」と小さなダジャレを挟みたくなるのも首肯せざるを得ません。診断の結果、歯ぐきの感染症と判明し、その後は適切な治療が行われたそうです。

残念なことに、翌年にTOMOは体調が悪化し、人道的見地から安楽死処置が執られたとのこと。苦しみから解放され、TOMOの魂が安らぎに満ちていますよう祈る次第であります。

[Watch How a Giant Lion Gets a Cat Scan/YouTube]

The post ライオンをCTスキャンにかけるとこうなる、8人がかりで台に乗せ first appeared on 猫ジャーナル.