どっかで見たことある表情だと思ったら、ぴろき師匠の「なんか問題ありますかねぇ(怒」の顔でした。

道が無くなりゃ造ればいいじゃん、道が狭けりゃこうすりゃええねんの精神で道なき道を突き進む、黒猫さんの雄姿をご覧ください。

黒猫さんがフェンスの上をひょっこりひょっこり歩くのには理由がありました。薄すぎる壁板上にはこだわらず、胴縁の上を巧みに使って最短ルートでこちらに渡ってきております。カメラに気付いた黒猫が時折こちらに鋭い視線を向けているのは、やはり猫なりにかっこ良くないと感じているからでしょうか。縁を歩いて無様に落ちて世界を駆け巡るFail動画になるよりはこうして歩いたほうがええやんけ、と目で訴えているようであります。

[Cat Walks Along Top of Fence/YouTube]

The post 壁上をえっちらおっちら歩く猫、睨みをきかしてカメラをじろり first appeared on 猫ジャーナル.