サビ猫フロッシー、今日も元気に矍鑠とご飯をパクパクされているようです。

アラサーを前に美魔女街道を邁進する、ギネス認定存命最高齢猫の御姿と同じ歳の飼い主さんをご覧くださいませ。

先週の11月24日にギネス公式ブログにて公表されたところよりますと、ロンドン南東部の都市・オーピントン在住のサビ猫Flossieちゃんが御年26歳と317日を迎え、存命最高齢猫に認定されました。誕生したのは1995年(平成7年)の12月29日。獣医による出生記録がその証拠になったそうです。ちなみに1995年の日本の主な出来事を振り返りますと、1月は阪神淡路大震災、3月は地下鉄サリン事件、4月にノック知事5月に青島知事が誕生し、11月にWindows 95が発売されております。Windows 95と同い年と考えるとその偉大さが伝わるのではないでしょうか。

95年当時、マージーサイドの病院近くで野良猫として暮らしていたFlossieは、病院のスタッフに保護されてから、2度にわたる飼い主との死別、そしてその後の別離の果てに猫の福祉団体「Cats Protection」へと保護されて移り住みます。高齢猫の里親探しは難航すると思われましたが、そこで現在の飼い主さんであるVicki Greenさんと出会い、同じ1995年生まれの1人と1匹はVickiさんのお宅で共に暮らすこととなりました。Vickiさんが以前飼っていたHoneybunという名の猫も21歳まで生き、高齢猫と暮らした経験が、Flossieの猫生を変えることとなったわけであります。

耳は遠くなって聞こえず、視力も弱くなっているそうですが、動画で見せるご飯タイムの様子は矍鑠そのもの。一説によれば、高齢時の必要摂取エネルギー量が減る人間と異なり、猫の場合は高齢になるとエネルギー消化がしにくくなるため11歳ごろから摂取エネルギーを増やす必要があるそうで、食欲旺盛な姿は今後の記録更新と、幸せな暮らしが続く兆しともいえそうです。

「特別な猫だとは思っていたが、世界記録保持猫になるとは思いもよらなかった」と語るVickiさんは、シニア猫の里親となる人が増えるのを願っているとのこと。ギネス世界記録の猫ご長寿38歳と3日を更新する日を祈り、健康で平和な日常が続くことを願う次第であります。

[Oldest Living Cat – Guinness World Records/YouTube]

The post 存命最高齢ほぼ27歳の猫、同い年の飼い主と暮らす first appeared on 猫ジャーナル.