■マカヒキに騎乗予定の川田将雅騎手

――今回、初騎乗となりますが依頼が来た時の心境は?
川田 ずっとマカヒキのレースを見ていましたから、これだけ素晴らしい馬を任せていただけるということがすごく嬉しかったしありがたかったです。本当に楽しみですね。

――これまでライバル馬に騎乗してマカヒキと戦ってきましたが、その時のマカヒキの印象は?
川田 すごく強かったですね。

――どのようなところが強かったですか?
川田 もう、見たままですね。

――1週前の追い切りに騎乗していますが、感想は?
川田 その(追い切りの)前に普通のところを乗っていまして、その時にどういう馬かということを把握し、追い切りでどのような動きをするのか確かめたんですけど。すごく動ける馬です。追い切りでは、前の馬と距離を保ちながらついてってくれということで、非常にスムーズに走ってくれている中でもあの時計が出ました。時計的にはびっくりしましたが、内容はゆったりしていました。直線ももう少しゆっくり捕まえにいくつもりだったんですが、すばらしい反応でアッという間に捕まえてしまいました。その辺りも僕としてはどういう馬かということを把握できました。

――感覚以上に時計が出た、と?
川田 すごくゆったり感じました。馬場も真ん中ぐらいを通ったのですが、それにしても実際の時計と乗っている感覚のギャップが大きいですね。

――こういう馬は珍しいですか?
川田 走る馬の特徴だな、と思います。トモの踏み込みがすごくいいです。松田(博資)厩舎によくいた牝馬の走る馬の特徴と似たものを感じることができました。牡馬でこういうキャンターをする馬にあまり乗ったことはありません。これだけ大型馬でありながら、トモが弾んでというのはなかなか経験できないことです。面白いですね。

――三強といわれています。この世代のレベルの高さは感じますか?
川田 もちろん、そうですね。今年は世代のレベルの強さをすごく感じます。その三強と言われている中の馬に乗せていただけるわけですし、実際これだけすばらしい馬ですから。繰り返しになりますが、楽しみですね。

――当日、雨予報もありますが?
川田 イメージとしてはやはり降らないほうがいいな、というのはありますね。これだけ飛びのきれいな馬なので、軽い馬場の方がいいと思います。

――最後に抱負を
川田 何よりもこれだけすばらしいメンバーが揃って、その中の1頭に乗せていただきます。競馬では初めてですが、いい内容でこの馬が走れるように、他の方にも皐月賞を楽しんでもらえたらいいな、と思いますし、そういう競馬を僕らができればいいな、と思います。その中でマカヒキが一番いい結果を得られるように乗ることが出来たらいいな、と思っています。頑張りたいなと思います。

■マカヒキを管理する友道康夫調教師

――弥生賞はいかがでしたか?
友道 こっちが思っている以上の内容でしたね。

――実戦では初めてステッキが入ったレースでしたね
友道 競馬の後、ジョッキーと話しましたが初めてステッキを入れたと話していました。ゴール前、坂を上がってからの伸びがすごいな、と思って見ていました。

――ここまでの成長度は?
友道 それぞれの課題を克服して、順調に本当によくなっていると思います。

――ここまでは思惑どおりですか?
友道 新馬の後に鼻出血があり間隔をあけることになりましたが、それ以外はこちらが思っているとおりのローテーションで来ています。

――順調に調教できずにレースに挑むこともありましたね
友道 2戦目は当該週の調教が思うようにできなかったのですが、競馬にいくときっちり走ってくれる。本当にすごい馬だと思います。

――改めて、マカヒキのいいところは?
友道 体的なところをいえば総合的に優れています。精神面はオンとオフがはっきりしています。どう表現していいかわからないですが、他の馬とは違うような精神を持っている馬ですね。馬っぽくない馬ですね。人にも懐っこいし。普段は本当に可愛い、小さい女の子みたいな馬です。表情が可愛らしい。競馬以外では大人しいです。珍しい馬ですね。

――調教では思った以上に時計が出てしまうそうですね
友道 はい。普段から乗っている人も見ている人も感覚以上に時計が速くなりますね。

――川田騎手がそれは走る馬の特徴だと話していましたが?
友道 僕らの感覚でもそうだと思います。

――皐月賞に向けての追い切りは?
友道 いつものパターンで1週前はしっかりやって、当週は坂路単走の軽めの調整です。ただ、今日は馬場状態が悪かったので54くらいであまり無理しないように、という感じで乗ってもらったんですが。見た目は無理をしていないような走りでしたが、53秒切るような時計(52秒7)が出るので。本当にいい状態で来ています。

――輸送についてはいかがですか?
友道 前回初めての輸送でそれが一番心配でしたが、到着してからも競馬当日も落ち着いていました。そして、本番前に輸送を経験したのは強みだと思います。

――多頭数は初めてですが?
友道 今回これが初めての経験なのでそれが一番問題なんですが。これまでの3回とも、初めてのことを一つ一つ克服していますから今回も大丈夫だと思います。

――レースは末を生かす競馬になるのでしょうか?
友道 そうですね。そうなると思います。

――日曜は雨予報もあります。いかがでしょう?
友道 チップでも時計が出る馬なので、少々渋っても大丈夫だと思います。

――最後に一言
友道 相手は強いのでお互いがいい競馬をして、競馬が盛り上がってくれればと思っています。

(取材・写真:花岡貴子)