4日、中山競馬場で行われた黄梅賞(3歳・500万・芝1600m)は、後方2番手でレースを進めた田辺裕信騎手騎乗の4番人気ハローユニコーン(牝3、栗東・鮫島一歩厩舎)が、直線で外から脚を伸ばして、一旦は先頭に立っていた2番人気サレンティーナ(牡3、美浦・萩原清厩舎)をゴール前で捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分37秒2(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に1番人気ゴールドハット(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)が入った。なお、3番人気トリリオネア(牡3、美浦・小島太厩舎)はゴールドハットとクビ差の4着に終わった。

 勝ったハローユニコーンは、父ハーツクライ、母サンタローズ、その父パントレセレブルという血統。これで通算成績は7戦2勝となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ハローユニコーン(牝3)
騎手:田辺裕信
厩舎:栗東・鮫島一歩
父:ハーツクライ
母:サンタローズ
母父:パントレセレブル
馬主:CHEVALATTACHE
生産者:村下明博
通算成績:7戦2勝