23日、函館競馬場で行われた函館2歳S(2歳・GIII・芝1200m)は、中団でレースを進めた浜中俊騎手騎乗の1番人気カシアス(牡2、栗東・清水久詞厩舎)が、直線で脚を伸ばして、2番手追走から一旦は抜け出した12番人気ウインジェルベーラ(牝2、美浦・金成貴史厩舎)をゴール前で捕らえ、これにアタマ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分10秒0(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に4番人気アリア(牝2、栗東・沖芳夫厩舎)が入った。なお、2番人気ナンヨープランタン(牡2、栗東・松永幹夫厩舎)は6着、3番人気ベイビーキャズ(牡2、美浦・矢野英一厩舎)は12着に終わった。

 勝ったカシアスは、父キンシャサノキセキ、母ラブディラン、その父Dylan Thomasという血統。新馬戦こそ2着に敗れたものの、そこからの2連勝で世代初の重賞ウイナーに輝いた。

【勝ち馬プロフィール】
◆カシアス(牡2)
騎手:浜中俊
厩舎:栗東・清水久詞
父:キンシャサノキセキ
母:ラブディラン
母父:Dylan Thomas
馬主:カナヤマホールディングス
生産者:谷岡牧場
通算成績:3戦2勝(重賞1勝)