29日、札幌競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1500m・9頭)は、先手を取ったC.ルメール騎手騎乗の2番人気タワーオブロンドン(牡2、美浦・藤沢和雄厩舎)が、そのまま直線に入って後続を突き放し、2着の4番人気キルロード(牡2、美浦・田村康仁厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分30秒4(良)。

 さらにクビ差の3着に1番人気メジェールスー(牝2、栗東・藤原英昭厩舎)が入った。なお、3番人気マイウェイアムール(牝2、栗東・矢作芳人厩舎)はメジェールスーから1.1/2馬身差の4着に終わった。

 勝ったタワーオブロンドンは、父Raven's Pass、母スノーパイン、その父Dalakhaniという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆タワーオブロンドン(牡2)
騎手:C.ルメール
厩舎:美浦・藤沢和雄
父:Raven's Pass
母:スノーパイン
母父:Dalakhani
馬主:H.H.シェイク・モハメド
生産者:ダーレー・ジャパン・ファーム