30日、札幌競馬場で行われたクイーンS(3歳上・牝・GIII・芝1800m)は、先手を取って大逃げの形に持ち込んだ横山典弘騎手騎乗の2番人気アエロリット(牝3、美浦・菊沢隆徳厩舎)が、3〜4コーナーで一旦後続を引きつけて、直線で再び突き放し、2着の6番人気トーセンビクトリー(牝5、栗東・角居勝彦厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分45秒7(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に8番人気クインズミラーグロ(牝5、美浦・和田正道厩舎)が入った。なお、1番人気アドマイヤリード(牝4、栗東・須貝尚介厩舎)は6着、3番人気マキシマムドパリ(牝5、栗東・松元茂樹厩舎)は7着に終わった。

 勝ったアエロリットは、父クロフネ、母アステリックス、その父ネオユニヴァースという血統。古馬との初対戦を見事勝利で飾り、NHKマイルCに続く重賞連勝を果たした。3歳馬の優勝は2012年のアイムユアーズ以来5年ぶり、GI馬の優勝は2001年のヤマカツスズラン以来16年ぶり。

【勝ち馬プロフィール】
◆アエロリット(牝3)
騎手:横山典弘
厩舎:美浦・菊沢隆徳
父:クロフネ
母:アステリックス
母父:ネオユニヴァース
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
通算成績:7戦3勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2017年NHKマイルC(GI)