注目は世代ナンバーワンの呼び声高いエピカリス。ベルモントS取消以来となるレースを勝利で飾れるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■8/6(日) レパードS(3歳・GIII・新潟ダ1800m)

 エピカリス(牡3、美浦・萩原清厩舎)はベルモントSに参戦するべく米遠征を行ったものの、右前肢跛行のためレース直前に無念の取消となった。今回はそれ以来の復帰戦だけに、状態は万全ではないだろうが、国内の同世代相手なら負けるわけにはいかないところだろう。

 タガノディグオ(牡3、栗東・宮徹厩舎)は兵庫CSで重賞初制覇を飾り、続くジャパンダートダービーでも3着に入った。ダートでは馬券圏内を外していない堅実派で、実力も着実につけている。ここでも好勝負を期待したい。

 その他、ヒヤシンスSでエピカリスと接戦を演じたアディラート(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)、ユニコーンSで2着のハルクンノテソーロ(牡3、美浦・高木登厩舎)、前走古馬を破ったテンザワールド(牡3、栗東・大久保龍志厩舎)、ジャパンダートダービー5着のノーブルサターン(牡3、栗東・牧浦充徳厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。