5日、札幌競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1200m・9頭)は、好スタートから先手を取った古川吉洋騎手騎乗の2番人気サフランブーケ(牝2、栗東・北出成人厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の5番人気ファストライフ(牝2、美浦・青木孝文厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分9秒9(良)。

 さらに2馬身差の3着に3番人気ミスルーア(牝2、栗東・西浦勝一厩舎)が入った。なお、1番人気アーヴァイン(牡2、栗東・浅見秀一厩舎)はミスルーアから7馬身差の4着に終わった。

 勝ったサフランブーケは、父スターリングローズ、母サフランカーネギー、その父カーネギーという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆サフランブーケ(牝2)
騎手:古川吉洋
厩舎:栗東・北出成人
父:スターリングローズ
母:サフランカーネギー
母父:カーネギー
馬主:海原聖一
生産者:林農場