3日にイギリスのグッドウッド競馬場で行われたG1・ナッソーS(3歳上・牝・芝2000m)を制したのは3歳牝馬のウィンター。

 回避が多く6頭立てと少頭数だったが、G2を2勝している5歳牝馬ブロンドミーや同世代のG1勝ち牝馬のソウベツ、昨年のブリーダーズCフィリー&メアターフ(G1)を制した4歳牝馬クイーンズトラストなどが出走するメンバー構成。R.ムーア騎手が騎乗したウィンターは英愛の1000ギニー、コロネーションSとG1を3連勝中。1番人気に支持された。

 3番手でレースを進めたウィンターは、直線で粘るソウベツとの叩き合いを制し、最後は1.1/2馬身差をつけ勝利。重馬場で勝ちタイムは2分11秒79。

 ウィンターはクールモアグループの生産馬で、父ガリレオ、母ラディーズポーカートゥー(その父ショワジール)の芦毛の3歳牝馬。管理するのはA.オブライエン調教師。これまでのマイル路線から400mの距離延長となる一戦で、古馬とも初対戦だったが、これを乗り越えG1・4連勝を決めた。通算成績はこれで8戦5勝、2着1回、3着2回。

 この勝利を受け欧州の一部ブックメーカーでは、ウィンターを凱旋門賞の5〜6番人気でベットを開始した。これは参戦を予定している日本馬のサトノダイヤモンド、昨年の凱旋門賞2着馬のハイランドリールに続く人気。

 ウィンターはここまでマイル路線を中心に走り、今回が初の2000mとなったが、オブライエン師は今後の選択肢として凱旋門賞(2400m)にも含みを持たせている。現在、凱旋門賞1番人気のエネイブルと同じ3歳牝馬、今後の路線選択に注目が集まる。