8月12日(土)・13日(日)に行われる新馬戦の出走馬が、10日確定した。

 今週は新潟、小倉、札幌で計7鞍の新馬戦が組まれている。主な出走馬は以下の通り。

※左から、馬名(性別、騎手・調教師、父馬)

◆8/12(土)
・新潟5R(芝1800m・15頭)
タニノフランケル(牡、M.デムーロ・角居勝彦、Frankel)…母が日本ダービーなどGI・7勝のウオッカ、父が英国の怪物フランケルという注目の良血馬。

・小倉5R(ダ1000m・11頭)
ペガッソ(牡、浜中俊・谷潔、ノボジャック)…調教で好時計を出していて、追い切りは栗東坂路で4F52.7秒、ラスト1ハロン12.7秒と良い動きを見せた。初戦から期待できそう。

・札幌5R(牝・芝1500m・14頭)
マイラティーシャ(牝、丹内祐次・加用正、トランセンド)…順調に調教をこなし、素軽い動きを見せている。仕上がりが良さそう。

◆8/13(日)
・新潟5R(芝1600m・18頭)
パクスアメリカーナ(牡、川田将雅・中内田充正、クロフネ)…全姉ホエールキャプチャは2012年のヴィクトリアマイルを制した。

・新潟6R(ダ1800m・15頭)
ビッグスモーキー(牡、北村宏司・清水久詞、キングカメハメハ)…Ghostzapper産駒の半姉ワイルドフラッパーは交流重賞3勝を挙げた。じっくり乗り込まれ、仕上がりが良さそう。

・小倉5R(芝1200m・7頭)
アルマアノン(牝、北村友一・佐々木晶三、キンシャサノキセキ)…マツリダゴッホ産駒の半兄アルマワイオリは2014年の朝日杯FSで2着に入るなど、早い時期から活躍した。本馬も順調に調整されている。

・札幌5R(芝1800m・11頭)
フラットレー(牡、C.ルメール・藤沢和雄、ハーツクライ)…ゼンノロブロイ産駒の半姉バウンスシャッセは2014年のフラワーCなど重賞3勝を挙げた。