15日、JRAは2015年のローズS(GII)を制したタッチングスピーチ(牝5、栗東・石坂正厩舎)が、明日16日付で競走馬登録を抹消すると発表した。

 タッチングスピーチは父ディープインパクト、母リッスン、その父Sadler's Wellsという血統。2014年の12月に2戦目で初勝利。翌年、3歳の夏に2勝目を挙げると次走・ローズSでC.ルメール騎手を背に重賞制覇を果たした。今月12日のエリザベス女王杯が最後の出走となった。

 通算成績は18戦3勝。JRA通算獲得賞金は114,364,000円(付加賞含む)。北海道勇払郡安平町のノーザンファームで繁殖馬となる予定。