15日、大井競馬場で行われた第24回マイルグランプリ(3歳上・ダ1600m・1着賞金2500万円)は、先団の後ろでレースを進めた赤岡修次騎手騎乗の5番人気セイスコーピオン(牡7、川崎・八木正喜厩舎)が、直線で脚を伸ばして、内から一旦は先頭に立っていた3番人気トーセンハルカゼ(牡7、浦和・小久保智厩舎)を捕らえ、これに1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分40秒7(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に1番人気ケイアイレオーネ(牡7、大井・佐宗応和厩舎)が入った。なお、2番人気トロヴァオ(牡4、大井・荒山勝徳厩舎)はケイアイレオーネから1.1/4馬身差の4着に終わった。

 勝ったセイスコーピオンは、父デュランダル、母スコーピオンリジイ、その父アジュディケーティングという血統。昨年に続くマイルグランプリの連覇を達成した。

【勝ち馬プロフィール】
◆セイスコーピオン(牡7)
騎手:赤岡修次
厩舎:川崎・八木正喜
父:デュランダル
母:スコーピオンリジイ
母父:アジュディケーティング
馬主:金田成基
生産者:アイオイファーム
通算成績:50戦8勝(JRA41戦4勝・重賞3勝)