24日、阪神競馬場6Rで行われた新馬戦(2歳・芝1800m・9頭)は、中団でレースを進めた和田竜二騎手騎乗の1番人気ダノンマジェスティ(牡2、栗東・音無秀孝厩舎)が、直線で外にヨレる面を見せながらも突き抜け、2着の3番人気サンティーニ(牡2、栗東・羽月友彦厩舎)に3.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分49秒9(良)。

 さらにクビ差の3着に5番人気ボルティモア(牝2、栗東・宮徹厩舎)が入った。なお、2番人気シンハラージャ(牡2、栗東・石坂正厩舎)はボルティモアから1.1/2馬身差の4着に終わった。

 勝ったダノンマジェスティは、父ディープインパクト、母ドバイマジェスティ、その父Essence of Dubaiという血統で、昨年のセレクトセール1歳にて2億3760万円で落札された。全兄アルアインは今年の皐月賞馬。

【勝ち馬プロフィール】
◆ダノンマジェスティ(牡2)
騎手:和田竜二
厩舎:栗東・音無秀孝
父:ディープインパクト
母:ドバイマジェスティ
母父:Essence of Dubai
馬主:ダノックス
生産者:ノーザンファーム