24日、中山競馬場で行われたクリスマスローズS(2歳・OP・芝1200m)は、中団でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の1番人気タイセイプライド(牡2、栗東・西村真幸厩舎)が、直線で外から各馬を差し切り、好位追走から脚を伸ばした2番人気ラストプリマドンナ(牝2、美浦・和田正一郎厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分9秒0(良)。

 さらに2馬身差の3着に9番人気レグルドール(牝2、栗東・杉山晴紀厩舎)が入った。なお、3番人気ペイシャルアス(牝2、栗東・坂口正則厩舎)は6着に終わった。

 勝ったタイセイプライドは、父ヨハネスブルグ、母キャニオンリリー、その父エルハーブという血統。これで通算成績は4戦3勝となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆タイセイプライド(牡2)
騎手:M.デムーロ
厩舎:栗東・西村真幸
父:ヨハネスブルグ
母:キャニオンリリー
母父:エルハーブ
馬主:田中成奉
生産者:谷川牧場
通算成績:4戦3勝