24日、中山競馬場で行われた有馬記念(3歳上・GI・芝2500m)は、先手を取った武豊騎手騎乗の1番人気キタサンブラック(牡5、栗東・清水久詞厩舎)が、そのまま最後の直線に入って後続を突き放し、好位追走から踏ん張った8番人気クイーンズリング(牝5、栗東・吉村圭司厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分33秒6(良)。

 さらにハナ差の3着に3番人気シュヴァルグラン(牡5、栗東・友道康夫厩舎)が入った。なお、2番人気スワーヴリチャード(牡3、栗東・庄野靖志厩舎)はシュヴァルグランとクビ差の4着に終わった。

 勝ったキタサンブラックは、父ブラックタイド、母シュガーハート、その父サクラバクシンオーという血統。シンボリルドルフやディープインパクトと並ぶ史上最多タイのJRAGI・7勝目を飾り、またテイエムオペラオーを超えて歴代賞金王の座に輝いた。偉大な記録を手に、来年からは北海道の社台スタリオンステーションで種牡馬生活に入る。

【武豊騎手のコメント】
 最高に嬉しいです。悔いの残らないように、キタサンブラックの走りをさせることだけを考えていました。(道中は)迷いなく先手を取りに行きました。(直線では)頑張ってくれと、それしかなかったです。(ゴールのあとには)ありがとう、ご苦労さまと声をかけました。このような名馬にめぐり会えて、騎手としてすごく幸せな時間を過ごせました。

【勝ち馬プロフィール】
◆キタサンブラック(牡5)
騎手:武豊
厩舎:栗東・清水久詞
父:ブラックタイド
母:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
馬主:大野商事
生産者:ヤナガワ牧場
通算成績:20戦12勝(重賞10勝)
主な勝ち鞍:2016年ジャパンC(GI)