24日、帯広競馬場で行われた第46回ばんえいダービー(3歳・200m・1着賞金150万円)は、第2障害を最初にクリアした長沢幸太騎手騎乗の2番人気メジロゴーリキ(牡3、ばんえい・岡田定一厩舎、積載重量730kg)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の9番人気マツカゼウンカイ(牡3、ばんえい・松井浩文厩舎、積載重量730kg)に4.9秒差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分7秒7(馬場水分1.3%)。

 さらに0.1秒差の3着に4番人気ジェイワン(牡3、ばんえい・槻舘重人厩舎、積載重量730kg)が入った。なお、3番人気ミノルシャープ(牡3、ばんえい・大友栄人厩舎、積載重量730kg)は6着、1番人気ナカゼンガキタ(牝3、ばんえい・西康幸厩舎、積載重量710kg)は7着に終わった。

【勝ち馬プロフィール】
◆メジロゴーリキ(牡3)
騎手:長沢幸太
厩舎:ばんえい・岡田定一
父:ニシキダイジン
母:メジロルビー
母父:メジロショウリ
馬主:広瀬豪
生産者:佐渡孝徳
通算成績:47戦13勝(重賞1勝)