6日、京都競馬場で行われた京都金杯(4歳上・GIII・芝1600m)は、道中は最後方に構えた武豊騎手騎乗の4番人気ブラックムーン(牡6、栗東・西浦勝一厩舎)が、直線で外から一気に突き抜け、中団から脚を伸ばした3番人気クルーガー(牡6、栗東・高野友和厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒3(良)。

 さらにクビ差の3着に1番人気レッドアンシェル(牡4、栗東・庄野靖志厩舎)が入った。なお、2番人気ラビットラン(牝4、栗東・角居勝彦厩舎)は8着に終わった。

 勝ったブラックムーンは、父アドマイヤムーン、母ロイヤルアタック、その父ジェネラスという血統で、これが重賞初制覇。鞍上の武豊騎手は昨年のエアスピネルに続く京都金杯連覇を果たした。また、同騎手はこれで1987年からの32年連続JRA重賞制覇となった(自身が持つJRA記録を更新)。

【勝ち馬プロフィール】
◆ブラックムーン(牡6)
騎手:武豊
厩舎:栗東・西浦勝一
父:アドマイヤムーン
母:ロイヤルアタック
母父:ジェネラス
馬主:HimRockRacing
生産者:タバタファーム
通算成績:24戦8勝(重賞1勝)