冬から春にかけての長距離重賞戦線は、ステイヤーズS、ダイヤモンドS、阪神大賞典、天皇賞(春)という流れ。ダイヤモンドSはその中で唯一のGIII戦で、なおかつハンデ戦ということで特殊な位置にある。

1.勝つのは若い馬

 このカテゴリーはベテランが出走表の多数を占めがちだが、勝ち切るのはやはり若い世代の馬で、過去10年で4歳馬が4勝を挙げている。以下、5歳が3勝、6歳が2勝、7歳が1勝。

2.ステイヤーズSからの直行は難しい

 過去10年でこういうケースは13頭いたが、2、3着が1頭ずついるだけで勝ち星はない。一見するとベストの臨戦過程に思えるが、あまり芳しい成績は残せていない。

3.間隔が開いていると苦戦

 前走が前年の11月以前だったという馬の連対は、過去10年で一昨年2着のフェイムゲームだけ。前走から2か月半以上間隔が開いていたというケースも、2着が2回あるだけである。調教だけで仕上げにくい厳寒期のレースで、しかも長距離戦。前走ステイヤーズS組の意外な苦戦も、このあたりにも原因があるのかもしれない。


 レジェンドセラーに注目したい。ルーラーシップ産駒としては菊花賞のキセキが重賞初制覇となったが、レジェンドセラーもまた距離が延びることで持ち味を発揮できるようになったジリ脚タイプ。前走のAJCCは距離不足でもあったし、前が残るペースで脚を余した面もあった。距離延長は魅力だし、4歳馬優位のレース傾向も心強い。ハンデ戦でこの相手関係なら、重賞でも壁は感じられない。