6日にはGI・NHKマイルC、5日はダービートライアル・プリンシパルSが行われる今週末の東京競馬場。プリンシパルSの1つ前、土曜東京10Rではオープン特別のメトロポリタンS(芝2400m)が行われるが、こちらも好メンバーが揃った。

 人気の中心は前走でオープン入りを果たした3頭。ベストアプローチ(牡4、栗東・藤原英昭厩舎)は同コースのGII・青葉賞の2着馬、アドマイヤロブソン(牡4、栗東・友道康夫厩舎)はデビューから8戦すべてで3着を外していない堅実派、ホウオウドリーム(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)は全4勝中3勝を東京競馬場で挙げている。

 これら勢いのある4歳馬の中で、注目は2015年のGII・ホープフルSの覇者ハートレー(セ5、美浦・手塚貴久厩舎)。デビュー2連勝でホープフルSを制した際には翌年のクラシック有力候補と目されたが、年明け初戦の共同通信杯で9着、その後骨折が判明し休養に入っていた。セン馬となって昨年12月のディセンバーSで約22ヶ月ぶりの復帰戦を迎え、0.5秒差の5着となった。初のC.ルメール騎手とのコンビで久々となる美酒となるか、期待したい。