ローズS優勝馬のラビットランですが、ここ2走はデビューからの3戦以来のダート戦をこなしています。

「血統的にはダートがよさそうでしたが芝でも切れ味をみせてくれていました。高いレベルで二刀流をみせてくれましたね」(辻野助手)

 前走の門別のブリーダーズGCではダート重賞初制覇。

「雨で馬場もだいぶ軽くなってくれていたので、芝での切れ味が生かされたように思います。今度は中央のダートなので雨が降らなくてもこなしてくれると思います」

 クイーンマンボはひと叩きされて状態は確実にあがっています。

「ピリッとしてきましたね」と辻野助手。

 今週水曜に行われた最終追い切りでは辻野助手を背に追われました。「ラストに気合をつけておきました。これが競馬につながってくれたらいいですね」

 クイーンマンボの場合、いかに気持ちが乗ってくるかが大事なのだそうです。

「前走前の放牧は短い期間だったのですが、それでもクイーンマンボにとってはリセットされてしまったのかな、と思います。でも、今回は普段の調教からだいぶハミをとってきています。短いスパンで在厩のまま続戦できるのはいいことだと思います」

 位置取りについては、「2頭ともある程度、前を見れるポジションがいい」とのことですが、「クイーンマンボのほうがいくらか前のポジションかな、と思います」

 ワンツー、十分あると思います!

(取材・文:花岡貴子)