29日、川崎競馬場で行われた「佐々木竹見カップ ジョッキーズグランプリ」は、第1戦のマイスターチャレンジ(ダ1500m・14頭)を山本聡哉騎手騎乗の1番人気シカゴジャズ(牡4、川崎・内田勝義厩舎)が、第2戦のヴィクトリーチャレンジ(ダ1600m・14頭)は赤岡修次騎手騎乗の7番人気タニノホウザン(牡5、川崎・河津裕昭厩舎)が勝利した。

 最終結果は、計2戦で4着・2着のJRA・戸崎圭太騎手と2着・4着の船橋・森泰斗騎手が同ポイントで並び、第2戦で上位の着順となったことにより戸崎騎手が優勝となった。第3位は岩手・山本聡哉騎手。

 11Rのヴィクトリーチャレンジのレース後には表彰式が行われた。MCのフリーアナウンサー・宇野和男さんによりポイント上位3騎手が発表され、3位の岩手・山本聡哉騎手、2位の船橋・森泰斗騎手、1位のJRA・戸崎圭太騎手の順で表彰台上に上がった。このとき、森騎手は山本騎手の隣に立ったが、そこは壇上中央の優勝騎手の位置。続いて上がってきた戸崎騎手に指摘されて、苦笑しつつ場所を譲る森騎手。2人は地方競馬教養センターの同期でもあり、場内は一気に和やかな雰囲気に。佐々木竹見元騎手より、賞金のボードが3騎手に手渡された。

【優勝 戸崎圭太騎手】
「1つも勝ってないですし、同率ということで、それでも優勝できたっていうのは嬉しいですね。毎年このレースに参加できることを本当に光栄に思ってます。寒い中競馬場にお越し頂きありがとうございます。来年も来れるように頑張りたいと思います。(もう一言という声に)そうですね。今年は216勝を更新出来るように、頑張りたいと思います(笑)。応援よろしくお願いします」

【2位 森泰斗騎手】
「同点ですか。悔しいですけども…。でも、自分のしたいレースは出来たので、悔いはないです。(優勝の戸崎騎手は)同期なんですけど、JRAで一杯お金稼いでいるんだからと(笑)。(森騎手も全国で一番稼いだ地方競馬ジョッキーですが、と突っ込まれ)ま、そうですけど(苦笑)」

【3位 山本聡哉騎手】
「1戦目ですごく強い馬に乗せていただいたので、勝つことが出来ました。次は優勝を目指して頑張りたいと思います」

(取材:高橋正和、編集:netkeiba)