24日、中山競馬場で行われた黄梅賞(3歳・500万・芝1600m)は、好位でレースを進めた石川裕紀人騎手騎乗の6番人気レノーア(牝3、美浦・相沢郁厩舎)が、直線で内を突いて先頭に立ち、外から追い上げてきた1番人気ミトロジー(牡3、美浦・尾関知人厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒5(良)。

 さらにハナ差の3着に2番人気カルリーノ(牡3、美浦・高橋裕厩舎)が入った。なお、3番人気ハクモクレン(牝3、美浦・萩原清厩舎)は8着に終わった。

 勝ったレノーアは、父スクリーンヒーロー、母レッドターキー、その父トワイニングという血統。これで通算成績は8戦2勝となった。