1勝馬が多いものの、登録は15頭のため全馬が出走可能だ。勝てば賞金面でクラシック出走が叶う一戦、勝つのは果たしてどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■3/16(土) フラワーC(3歳・牝・GIII・中山芝1800m)

 コントラチェック(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)はきょうだいにバウンスシャッセ、ムーンクエイクなどがいる良血馬。休み明けの菜の花賞を3馬身差で完勝しており、ここでも力上位と言っていいだろう。姉バウンスシャッセとの姉妹制覇なるか。鞍上は丸山元気騎手。

 エールヴォア(牝3、栗東・橋口慎介厩舎)は未勝利勝ちから挑んだアルテミスSで3着に入り、続くエリカ賞で逃げ切り勝ちを決めた。今回はそれ以来の休み明けだが、調整は順調。M.デムーロ騎手との新コンビで重賞初制覇を狙う。

 その他、クイーンCで3着に入ったジョディー(牝3、美浦・戸田博文厩舎)、同5着のレッドベルディエス(牝3、美浦・鹿戸雄一厩舎)、ディープインパクト産駒ランブリングアレー(牝3、栗東・友道康夫厩舎)、フェアリーSで4着のエフティイーリス(牝3、美浦・金成貴史厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。