今月24日に中京競馬場で行われる高松宮記念(4歳上・GI・芝1200m)では、ロードカナロア産駒のダノンスマッシュに注目が集まりそうです。そこで今週は、ダノンスマッシュと同じ安田隆行調教師が管理したロードカナロアの現役時代を振り返ります。国内外問わずスプリント路線で華々しい成績を収め、2012年にJRA賞最優秀短距離馬、2013年にはJRA賞最優秀短距離馬と年度代表馬との2冠を達成。引退後にはその功績が称えられ昨年にはJRA顕彰馬となり殿堂入りを果たしました。そんなロードカナロアがGIに挑戦した過去7戦をピックアップしてお届けします。

■キャリア初の3連敗 もどかしい競馬が続いての挑戦は再び…

 今回は2012年のスプリンターズS。GI初挑戦となった春の高松宮記念は、同厩舎の先輩カレンチャンに0.1秒差の3着と破竹の6連勝は叶わなかった。それから約3ヶ月後の函館スプリントSは単勝1.3倍の断然人気を受けながらも、先に抜け出したドリームバレンチノを捕えられずに2着。続くセントウルSもアタマ差の2着とあと一歩の惜敗が続いていた。

 そんななか迎えた12戦目でのスプリンターズS。これまでデビューから11戦続いてきた1番人気を、同厩舎の先輩であり高松宮記念で敗北を喫したカレンチャンに譲っての2番人気となった。なお鞍上は前走で新コンビを組んだ岩田康誠騎手が引き続き騎乗。

 断続的に下り坂のカーブが続く中山1200mでは不利といわれる16番枠からとなったロードカナロア。五分のスタートを決め、先行争いが激化するなか、これまでのレースよりはやや後目のポジションへ。その1馬身ほど前にはしっかりとカレンチャンの姿を捉えていた。ライバルであり同厩舎の先輩を虎視眈々とマークし、道中しっかりと折り合って直線へ。

 310mあまりと短い直線入り口では、先頭からはおよそ4,5馬身といったところ。カレンチャンが先に抜け出し、ロードカナロアが外から馬体を合わせにいく。急坂を超えたあたりでは2頭の白熱した叩きあいとなり、岩田騎手の剛腕に応えたロードカナロアがカレンチャンを4分の3馬身競り落としたところでゴール。

 勝ちタイムは1:06.7。当時のコースレコードを記録してのGI初制覇となった。入線後に岩田騎手が同馬の強さを観客にアピールするかのように左手を挙げ、喜びを爆発させた。レース後も「強い馬が強いレースで勝った」とパートナーを称えたように、正攻法の競馬で惜敗続きにピリオドを打った価値ある勝利で新王者の誕生となった。