23日、門別競馬場で行われた第9回コスモバルク記念(3歳上・ダ1800m・1着賞金300万円)は、2番手でレースを進めた阿部龍騎手騎乗の1番人気スーパーステション(牡5、北海道・角川秀樹厩舎)が、3〜4コーナーで先頭に立つと、あとはゴールまで独走。最終的に2着の4番人気オヤコダカ(牡7、北海道・米川昇厩舎)に9馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分55秒7(良)。

 さらに3馬身差の3着に2番人気ドラゴンエアル(牡8、北海道・田中淳司厩舎)が入った。なお、3番人気ステージインパクト(牡7、北海道・佐久間雅貴厩舎)は4着に終わった。

 勝ったスーパーステションは、父カネヒキリ、母ワイルドイマージュ、その父ワイルドラッシュという血統。昨年ホッカイドウ競馬では圧勝に次ぐ圧勝で6戦全勝。今年初戦のここでも圧倒的な強さを見せつけ、連覇を達成した。