現地時間4日、イギリスのニューマーケット競馬場で行われた2000ギニー(芝直線1600m・19頭・1着賞金29.7万ポンド=約4347万円)は、外ラチ沿い2頭目から進んだマグナグリーシア(牡3、D.オブライエン騎手)が、外からともに末脚を伸ばした2着キングオブチェンジ(牡3、S.レヴィー騎手)に、2.1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分36秒84(良)。

 さらに1.3/4馬身差の3着にはスカルドゥ(牡3、J.ドイル騎手)が入った。1番人気のテンソヴリンズ(牡3、R.ムーア騎手)は5着に敗れている。

 マグナグリーシアは父Invincible Spirit、母Cabaret、その父Galileoという血統。昨年10月27日の前走フューチュリティTに続くG1連勝となった。

 また、鞍上のドナカ・オブライエン騎手は、昨年のサクソンウォリアーに続く2000ギニー連覇。管理するエイダン・オブライエン調教師は一昨年のチャーチルから続く3連覇を果たした。