ハンデ戦で難しいメンバー構成だが、ここはランスオブプラーナに注目したい。毎日杯に続く重賞2勝目なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■6/30(日) ラジオNIKKEI賞(3歳・GIII・福島芝1800m)

 ランスオブプラーナ(牡3、栗東・本田優厩舎)は500万からの連勝で毎日杯を制覇。続く皐月賞ではシンガリ負けを喫したが、新馬から7戦目で疲れが出てしまったのかもしれない。皐月賞以外のレースでは馬券圏内を外しておらず、一息入れたここでの巻き返しを期待したい。

 ディキシーナイト(牡3、美浦・国枝栄厩舎)はクロッカスSを勝って、続くスプリングSでも3着と好走。その後はNHKマイルCに向かう予定だったが、脚部不安のため回避となった。復帰戦のここで重賞初制覇なるか。

 その他、スプリングSで5着のヒシイグアス(牡3、美浦・堀宣行厩舎)、京都新聞杯6着からの巻き返しを期すブレイキングドーン(牡3、栗東・中竹和也厩舎)、白百合Sを制したレッドアネモス(牝3、栗東・友道康夫厩舎)、ここまで3戦2勝のブレイブメジャー(牡3、美浦・萩原清厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。