23日、川崎競馬場で行われた文月オープン(3歳上・ダ2000m・1着賞金500万円)は、好位でレースを進めた赤岡修次騎手騎乗の2番人気ヤマノファイト(牡4、船橋・矢野義幸厩舎)が、1番人気センチュリオン(牡7、浦和・小久保智厩舎)との追い比べを制し、これをクビ差下して優勝した。勝ちタイムは2分12秒3(稍重)。

 さらに2馬身差の3着に5番人気アッキー(牝6、川崎・林隆之厩舎)が入った。なお、3番人気ジャーニーマン(牡6、川崎・内田勝義厩舎)は6着に終わった。

 勝ったヤマノファイトは、父エスポワールシチー、母ケイアイリード、その父フォーティナイナーという血統。これが通算10勝目となった。