11月4日(振月)に浦和競馬場で行われる第19回JBCクラシック(JpnI・3歳上・ダ2000m・1着賞金8000万円)。

 オメガパフューム(牡4、栗東・安田翔伍厩舎)は昨年3歳で東京大賞典を制覇し、今年の帝王賞も勝利。左回りの浦和コースは未知数な面があるが、実績は最上位なだけに勝ち負けを期待したい。

 チュウワウィザード(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)はデビューしてから12戦すべてで3着以内に入っている堅実派。重賞は名古屋グランプリ、ダイオライト記念、平安Sと3勝を挙げている。ここで初のJpnIタイトル獲得なるか。

 アンデスクイーン(牝5、栗東・西園正都厩舎)は前々走のブリーダーズゴールドCで重賞初制覇を果たし、続くレディスプレリュードも勝利。今回は強力な牡馬との戦いとなるが、勝てば牝馬として初のJBCクラシック制覇となる。