ダート界の強豪が集結したチャンピオンズC。その中でも注目は3歳馬クリソベリルだろう。無傷6連勝でのビッグタイトル獲得なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■12/1(日) チャンピオンズC(3歳上・GI・中京ダ1800m)

 クリソベリル(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)はここまで5戦5勝。古馬との初対戦となった前走の日本テレビ盃も危なげない内容で快勝した。一線級と中央で戦うのは初となるが、勝利して一気にダート界の頂点まで上り詰めることができるか。

 ゴールドドリーム(牡6、栗東・平田修厩舎)はこれまでGI/JpnIを5勝しており、実績は最上位。本レースも一昨年に制している。前走のマイルCS南部杯は3着に敗れたが、休み明けの影響もあったか。一叩きしたここで巻き返しを期待したい。

 オメガパフューム(牡4、栗東・安田翔伍厩舎)は昨年の東京大賞典と今年の帝王賞覇者。前走のJBCクラシックは2着に敗れたが、鋭い末脚が持ち味の本馬にとって直線が長いコースに変わるのはプラスだろう。改めて注目したい。

 その他、JBCクラシックを制したチュウワウィザード(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)、昨年2着のウェスタールンド(セ7、栗東・佐々木晶三厩舎)、今年フェブラリーSを制したインティ(牡5、栗東・野中賢二厩舎)、みやこSの覇者ヴェンジェンス(牡6、栗東・大根田裕之厩舎)、ブラジルCを完勝したサトノティターン(牡6、美浦・堀宣行厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時30分。